スポンサードリンク

知的障害者の横に座るのが怖い不快は「差別」ではない

知的障害者をよく目にする地域に住んでいるし、仕事柄関わることもないではない。

彼らの多くが実に素直で、心優しく、一部の健常者よりもよほど勤勉、勤労で、すばらしい人間であることは
よくよく知っている。

 

が、彼らに対して

なんか何をするか分からないから「怖い」

じろじろとこっちも見てこられるの「不快」

外食で隣のテーブルの知的障害者の食べ方が「気持ち悪かった」

 

と恐怖や不快感を覚えるのは、果たして「差別」なのだろうか?

そのような気持ちは悪いことだと押し殺して、笑顔で、もしくは無表情を装って接することが大人として社会人として、良識ある在り方なのだろうか?

 

逆にいえば

 

怖いと、不快と公言すること

別にどう生きても気にならないけど、少なくても私の目の入るところにはいないでほしいと思うことは「罪」なのだろうか?

 

せっかく建てたマイホームや購入した分譲マンションのとなりに、後から知的障害者が引っ越しをしてきた場合

それを不安、不快、ショックと感じどうしようもない悲しみに暮れることは「罪」なのだろうか?

 

よく知らないからだと言われる。

 

彼らのことをよく知らないから、不勉強だから、だからむやみやたらと恐怖を感じるのだと責められるのだろう。

 

しかし、彼らは以下の点について真剣に考えるべきだと思う。

少なくとも、今の共生は本質的なところから目を背けているだけだ。

 

1.よく知る義務なんてないだろう?

一見して危なそうな人間には近づかない
これは、現代社会、特に都心部などの人口密集地における、自己防衛の基本中の基本だ。

 

皆顔見知りの田舎とは違って、隣に住んでいる人も知らないような現代社会においては
その人がどんな人物かなんて見た目で判断するしかないし、それ以上の時間的コストなんてかけられない。

 

だから、街で見かけた知的障害者が
安全なのかどうかなんて分からないし、見かけてブツブツ言っていたり、奇妙な行動を取っていたら
とりあえず側には寄らないし、近くにいればその分、何か合った時に自衛をしなければならないので
気が落ち着かないし、そのようなストレスを感じるのは不快である。

 

当然だろう?

その知的障害者の障害の程度なんて分からないし
ただ、ぶつぶつ言っているだけなのか
それとも、何かのキッカケで

いきなり抱きついて来る可能性は?
殴りかかってくる可能性は?

はないのか? なんて分からないし、そんなこと知る時間的コストをかける義務なんて
こちらにはないのだから。

 

2.リスクがゼロは詭弁だろう?

 

3.不安とすら言えない社会は歪んでいるだろう?

 

4.社会的弱者であって行政的強者だろう?

 

 

健常者目線、現実目線で考えた共生のための具体的提案

精神障害者と健常者が真の意味で共生するためには何が必要か?

 

1.脅威度判定の基準を作り、それをシールなどで見える化する

ただブツブツと独り言を言っているだけなのか、それとも何かのキッカケで
殴りかかってくる可能性があるのか、そういった脅威度が分かるような基準を作り
それをシールなどで、ひと目で分かるようにすることは、健常者側にとって非常にありがたい目安になる。

分からないから怖いのであって
何か目安を提示してもらえればそれだけで安心するのだ。

ちゃんと学校卒業しましたシールでも
電車に乗れますシールでも良いが

とにかく、分かっている人、組織がちゃんと見て、何らかの判断を下したということが
分かると良いのだ。

これが理解を求める態度である。
分かって欲しいと言いつつ、このような努力さえ放棄しているのだから、ただ横に
いるだけで怖がられても仕方がないだろう。

 

2.保護責任者の監督責任を明確にし、行政司法が適切な運営に努め、周知する

 

3.警察は対応を厳格化し、泣き寝入りのない社会を作る

 

4.知的障害者によって損害を受けた場合の補償制度を作る

障害者用の補償制度を国が主体となって作って、知的障害者の加入を義務化して
もしもの時の保障を、国が責任をもってやるようにすれば良い。

現実を見て、人道的見地や差別などと理想論(寝言)を言わなければ充分に可能である。
むしろ共生とか言いつつ、この程度の制度もないことが行政的不作為であろう。

この制度の肝は、収支計算上、成り立っても成り立たなくても作るべきだというところだ。

知的障害者全体から徴収する基本保険料が、年間に支払う補償料よりも多いのであれば、逆に
それほど多くの健常者が泣き寝入りを迫られているいるということであるから、国庫から持ち出しをしてでも作るべきであるし

収支上、制度として問題なく運営できるなら、倫理的な問題をクリアしてでも、作らない理由はない。

つまり、どう転んでも作るべきなのだ。

保険とはリスクに応じてあるべきだし
自動車の任意保険のように、当事者はともかく、被害者のために絶対に入るべきものがある。

子ども用の保険があるのに
知的障害者用の保険がないことの方が差別である。

知的障害者によって、生命、財産に傷を付けられたとしても、基本的に泣き寝入りとなるのが
今の日本の現状だ。事実かどうかは客観的な統計が「行政的配慮」によってないので、不明であるが
一般的な認識としてはそうではないだろうか?

泣き寝入りとは、行政も警察も腰が引けてなかなか取り合ってくれないし、司法も
民事刑事ともに障害者寄りであるし、仮に判決が出ても、財産がなければ保障されない。

たとえば、あなたが高級車を持っていて、それを通りがかりの障害者が傷を付けたとして
監視カメラに写っていたとして、証拠は全て揃っていたとしても、多分あなたは自分の保険を使うなり
自腹で支払うなりするしかないというのは、あなたにまともな社会感覚があれば同意していただけると思う。

(それとも、あなたは請求できると思うだろうか?)

5.知的障害の程度によって最小限の体罰を取り入れた幼少期の教育システムを確立する

健常者でも、体罰なしにはどうしようもないクソガキがいるのに
全ての知的障害者を体罰なしで真っ当に教育できるなんて、理想論はさっさと卒業するべし。

そんな現実から目を背けた理想論から抜け出せないから、現場レベルで対応する羽目になる。

知的障害の程度によって、どの程度の体罰は許されるのか、しっかりと
教育システムとして確立して、現場レベルの判断に丸投げせず、組織として実行していくことが必要だ。

障害の程度、本人の生来の性格によって
話せば分かる子もいれば
アメとムチで躾けないとどうしようもない子もいる

こんなこと現場レベルでは「常識」であるし、その現実に蓋をして、あくまで現場レベルの対応に任せるから
絶えず責任と判断を求められる現場は疲労するし、時にやり過ぎたり、逆に何のしつけもされないまま
社会に放り出したりする。

ちゃんと組織として責任をもって、ここまではやって良い、これ以上はダメと、線引きした上で
現場に徹底させるべきだ。

障害の程度によって、必要な対応を模索し、実行することが
合理的な配慮であれば

知的障害の程度によって必要な教育を施す、これこそが合理的な配慮というもので
単に社会的道義的責任を取りたくない、説明責任を果たせない、という逃げの姿勢で

一律に体罰を禁止する教育システムを表立って掲げ続けることこそが
真に「合理的配慮を欠く」教育といえる。

 

 

JFエッセンスの効果は

命の価値が平等だなんて皆で共有する「綺麗な建前」に過ぎない

命の価値が平等だなんて皆で共有する綺麗な建前、それ以上でも以下でもない

当たり前だけど
生まれながらにして人は平等ではないし
命の価値には大きく差がある。

人間の命が平等なんて寝言言うやつが死ぬほど嫌い

第一に理想論としては大切

それは否定しない

もしこの世の中が
「人の命は生まれながらして平等ではない」なんてこと
表立って発言しても賛同されるような、賞賛されるような、当たり前と言われるような
そんな社会とかギスギスし過ぎだろ、そんなのは俺も絶対に嫌だよ。

でも

理想論として誰もが心の中に持っておくことは大切ということと

いざというときに、本当にそんな綺麗な建前を元に決断・行動するのは

全くの別物。

そんな社会的な建前を根拠に

現にいま辛い決断・行動をしないといけない、決める側の人間を責めるとか

ただ外野から人でなしと責めるなんて子ども以下

自分が「善人」でいたいだけの、「善人」な自分が好きなだけのナルシスト

スナック菓子みたいにお手軽に善人になれる、超軽い人間

本当に、誰かが決断する上で、
こんなクソみたいな理想論でもって口撃してくる人間には本当に吐き気がする。

人間の命が平等ではないなんて、子供でも察することができる普遍の真理だけど
あえて、言わないのが人間としてのお上品さなだけであって

マジでそれを信じて、それに沿わない決断や行動を責める人間とかマジで
消えてほしい。社会的にいえば命の価値マイナスだと思う。

基本的人権の尊重を履き違えた社会、人によってできないことがあるのが「平等」じゃね?

誰でも何でもできる社会とかあり得ないし、寝言言ってんじゃねぇ
基本スペックが劣るならできないことがあるのは当然だろうが

健常者だって
仕事のできる人間とできない人間
イケメンと醜男
美人とブス
金持ちの子供と貧乏人の子供

でできること、選べる人生には天と地ほどの差があるけど
誰も「自分が○○だから権利が侵害されている、不当に差別されている、こんな自分が受け入れられない、自分が不幸な、自分がやりたいことができない「社会の方が」間違っている」なんて言わない。

駅員が車椅子の客のために渡し板を持ってきてくれるのは
あくまで利用者がサービスでできる範囲であるからであって
もしこれが朝の出勤時に10人も20人も一つの列車に乗り込むようになると

無料サービスで
そんなに駅員は割けないし
そもそも電車に入らないし

でもこれで、車椅子利用者の方は、

一つの電車に最大何人までしか乗車できませんとか
毎日の通勤で必ず電車への乗車に駅員の介助が必要なら、別途○○円頂きますとか

そういうこと言ったら、社会的に大ブーイング起きるんだろ??

そういう自分が少数派だから、周りの温情、社会の温情でただで使わせて「もらっている」サービスを
いかにも自分の権利のように勘違いをするから、結局は障害者は自分のクビを締めることになる。

ユダヤ人だからといって差別はいけません。 →分かる
黒人だからといって差別はいけません。 →分かる
老人や障害者でも普通の人となるべく同じように生きられるよう、最大限配慮しましょう。 →???

人間として基本スペックが同じはずなのに
生まれや外見で扱いが異なるのはおかしいよね。っていうのが基本的人権の尊重じゃねーの?

だからユダヤ人差別も黒人差別もダメです。
それは分かる、完全同意

合理配慮とかいうクソ概念、テメーは経済的合理性より下であることを自覚しろ!!

まともな人間であることがそんな世の中

障がい者への合理的配慮が日本経済を破壊する

 

自毛植毛を福岡で

【一生寝てろ!】 同和問題の何が心の底から気持ち悪いか

【一生寝てろ!】 同和問題の何が心の底から気持ち悪いか

同和問題が本当嫌い

正しく寝た子を起こすとかうまいこと言って啓発してくるヤツを見ると吐き気すらもよおす。

何が気持ち悪いか?

社会構造的に同和問題がなくなると「ご飯が食べられなくなる人が必ずいる以上」
同和問題はなくならない。

→個々人がどう思っているかはともかくとして、こういった社会問題を扱う集団の抱えるジレンマとして
熱心で自分の人生をかけて取り組んでいる人間ほど、本当にその問題がなくなったら「困る」
だって食べていけなるなるから

→だからおそらく、誰も言わないけど、公共施設への書き込みの9割はきっと自作自演
自分が向こうの立場でもきっとそうするから、だって食べていけなくなったら困るから

→差別される人間がいればいるほど
そのこにはその人の輝ける、いきいきと働ける仕事がある、誰だって自分の仕事がなくなるより、合ったほうが良いのは当たり前

だからまず大前提として
同和問題の大半はやらせ、というか「やらせ」にならざるを得ない

部落出身者が気持ち悪いんじゃなくて、部落出身者が抱えている心の闇、社会集団的な闇にお近づきになりたくないだけ

だれだって何世紀も被差別意識をもって、世間を恨み続けた人間たちとお近づきになりたくない。

クラスで性格暗いやつと友達にわざわざすすんでなりにいったかおまえ?

相対的なリスクの話

要はその地域の人間と関わってトラブルが起きたときに

ちゃんと公正にジャッジされるのか、
警察や行政はちゃんと「部落差別」しているとこちらを差別主義者扱いをせずに、公正に判断してくれるのか?

その確信がいまの社会的弱者融通の世の中では全く持てないから
結果として、好き嫌いではなく、人生のリスクとして敬遠せざるを得ないというのは真実

リスクがあると思わせているのは行政であり警察
そして世間が実体験として、あいつらに関わるとやばい場合がある
不利益を被る場合があるということを認知しているから

部落差別は許さない!!
自分もよくないと思います!!

そういう意見を強制的に言わせる言論弾圧的な圧力をもっていることが
嫌厭される最大の要因

声の大きな社会的弱者と積極的に関わりたい人間なんて、いまの日本には「いない。」

 

公務員から転職