知的障害者に適度な体罰(しつけ)を容認できない社会は滅ぶ

知的障害者に適度な体罰(しつけ)を容認できない社会は滅ぶ

言って聞くのは人間だから

知的障害者は動物と一緒、言って分かる子もいれば、肉体に痛みがないと分からない子が
いるのも一緒

公共機関でぶつぶつ言う知的障害者は仕方ないんじゃなくて
自分可愛さで満足に教育してあげなかった親や教育機関の被害者

ブツブツ言うたびに躾けていれば、ああはならなかった。

肉体の苦痛なしに善悪の判断をつくのは高度な知性
ないものは仕方がない

1人の人間として扱うというのはそれこそ合理的な配慮に欠く対応

お金を持っている子どもに店員が丁寧語でまるで1人の大人のように接するのが「間違って」いるのと一緒
そんな対応しても、資本主義を体現化・骨肉化した糞ガキが出来上がるだけ

適度に調整された体罰は絶対に必要。
そんなことも分からないなら教育者を名乗るな!!

SNSでもご購読できます。