池沼やカタワは本当に嫌!気持ち悪いものを気持ち悪いといって何が悪い!!

知的障害者や身体欠損者は本当に嫌、気持ち悪いものを気持ち悪いといって何が悪い!!

人の見た目は平等ではありません。気持ち悪いものは気持ち悪い
不細工な男、ブスな女、太った人、ハゲ、不衛生な人

ある人をその言動なのはさておき、外見的なトータルの雰囲気でもって、「生理的に無理」という
否定的な言葉あります。よく気持ち悪い男性に対して女性が使う表現です。

彼らの中には、生来的な理由だけでなく、単に不摂生だったり、自身の外見に無頓着であることから

後天的に、生理的に無理な感じが出て閉まっている人もいれば

どれだけ努力をしようと、生来の外見的な要素、顔立ちや体質から、生理的に無理と言われる人がいます。

簡単にいえば
頑張ればキモくないけど、頑張ってないからキモいヤツ
頑張ってもキモいやつ

が世の中にいます。そして頑張ってもキモいヤツはもうどうしようもないです。

だって、どれだけ頑張ってもどうしたってキモくなるんですから

さて、そのような「どうしようもない」外見的特徴を持っている人は
芸能人になると大抵の場合、弄られます。

バナナマンの日村さんとか、フットボールアワーの岩尾さんとか、特にお笑い芸人に多いですね。

さて、彼らは日毎から散々気持ち悪い気持ち悪いと、衆人大衆の前で晒し者になり、罵倒されていますが
彼らの人権は尊重されているのでしょうか。

彼らにキモいということは「笑い」で
知的障害者や身体障害者にキモいということは「差別」となります。

彼らの違いは何でしょうか?
生まれつきの問題で、どうしようもないという前提は変わらないのに

ただ、キモいお笑い芸人なのか、それとも障害者なのかで
キモいという感想を表立って言った時の社会的なリアクションは大きく異なります。

バナナマンの日村さんって本当にキモいよね、私全然笑えない、生理的に無理

こんな意見をつぶやいたたとろこで世間的にはほとんど否定されることはありませんが

知的障害者の人って本当にキモいよね、私生理的に無理

こんな意見をつぶやこうものなら、下手したら社会的に酷い制裁を受けるぐらい、バッシングの嵐でしょう。

そこに何の違いがあるのか?

彼らはそれでご飯を食べているから言われても仕方がない?
彼らは美容整形をすれば治るけど、知的障害者は美容整形をしても治らないから?
彼らは不細工という病気ではないけど、障害者は障害者という病気だから?

私自身、学生時代に散々、キモイキモイと言われてあるときには虐められ、ある時には弄られ、笑いとして消費されてきました。

その黒い、腹の立つ思い出があるがゆえに
相手がどれだけキモかろうと、生理的に無理だろうと、障害者というだけで、全ての外見を揶揄する言動が
「非道」なものになっしまう、この世の中があまりに不平等だと思います。

障害者同士でも容姿の差で差別あるくせに、なに健常者の差別意識みたいな
自分達は差別されることはあってもすることは「絶対」にないみたいな立ち位置で
上から目線に責めているのか。

お前ら気持ち悪いんだよ!!

SNSでもご購読できます。