命の価値が平等だなんて皆で共有する「綺麗な建前」に過ぎない

命の価値が平等だなんて皆で共有する綺麗な建前、それ以上でも以下でもない

当たり前だけど
生まれながらにして人は平等ではないし
命の価値には大きく差がある。

人間の命が平等なんて寝言言うやつが死ぬほど嫌い

第一に理想論としては大切

それは否定しない

もしこの世の中が
「人の命は生まれながらして平等ではない」なんてこと
表立って発言しても賛同されるような、賞賛されるような、当たり前と言われるような
そんな社会とかギスギスし過ぎだろ、そんなのは俺も絶対に嫌だよ。

でも

理想論として誰もが心の中に持っておくことは大切ということと

いざというときに、本当にそんな綺麗な建前を元に決断・行動するのは

全くの別物。

そんな社会的な建前を根拠に

現にいま辛い決断・行動をしないといけない、決める側の人間を責めるとか

ただ外野から人でなしと責めるなんて子ども以下

自分が「善人」でいたいだけの、「善人」な自分が好きなだけのナルシスト

スナック菓子みたいにお手軽に善人になれる、超軽い人間

本当に、誰かが決断する上で、
こんなクソみたいな理想論でもって口撃してくる人間には本当に吐き気がする。

人間の命が平等ではないなんて、子供でも察することができる普遍の真理だけど
あえて、言わないのが人間としてのお上品さなだけであって

マジでそれを信じて、それに沿わない決断や行動を責める人間とかマジで
消えてほしい。社会的にいえば命の価値マイナスだと思う。

基本的人権の尊重を履き違えた社会、人によってできないことがあるのが「平等」じゃね?

誰でも何でもできる社会とかあり得ないし、寝言言ってんじゃねぇ
基本スペックが劣るならできないことがあるのは当然だろうが

健常者だって
仕事のできる人間とできない人間
イケメンと醜男
美人とブス
金持ちの子供と貧乏人の子供

でできること、選べる人生には天と地ほどの差があるけど
誰も「自分が○○だから権利が侵害されている、不当に差別されている、こんな自分が受け入れられない、自分が不幸な、自分がやりたいことができない「社会の方が」間違っている」なんて言わない。

駅員が車椅子の客のために渡し板を持ってきてくれるのは
あくまで利用者がサービスでできる範囲であるからであって
もしこれが朝の出勤時に10人も20人も一つの列車に乗り込むようになると

無料サービスで
そんなに駅員は割けないし
そもそも電車に入らないし

でもこれで、車椅子利用者の方は、

一つの電車に最大何人までしか乗車できませんとか
毎日の通勤で必ず電車への乗車に駅員の介助が必要なら、別途○○円頂きますとか

そういうこと言ったら、社会的に大ブーイング起きるんだろ??

そういう自分が少数派だから、周りの温情、社会の温情でただで使わせて「もらっている」サービスを
いかにも自分の権利のように勘違いをするから、結局は障害者は自分のクビを締めることになる。

ユダヤ人だからといって差別はいけません。 →分かる
黒人だからといって差別はいけません。 →分かる
老人や障害者でも普通の人となるべく同じように生きられるよう、最大限配慮しましょう。 →???

人間として基本スペックが同じはずなのに
生まれや外見で扱いが異なるのはおかしいよね。っていうのが基本的人権の尊重じゃねーの?

だからユダヤ人差別も黒人差別もダメです。
それは分かる、完全同意

合理配慮とかいうクソ概念、テメーは経済的合理性より下であることを自覚しろ!!

まともな人間であることがそんな世の中

障がい者への合理的配慮が日本経済を破壊する

 

自毛植毛を福岡で

SNSでもご購読できます。